WordPressエンジニアになりませんか?

2015年より、次の橋頭堡となる新しいサービス(WordPressフルマネージドサービス)を展開する予定です。そこで、事業拡張のために必要な人材を本気で探しています。

member

具体的にはバックエンドエンジニアとフロントエンドエンジニアです。もし、少しでも興味を持っていただけたのであれば、直接私と話をさせていただけませんか?近くの方であれば食事でもしながら、遠方であればスカイプとか電話とかで話をさせてください。興味をもっていただけましたら、「ブログを見ました。ちょっと興味あります。」とぜひ気軽にご連絡ください。

ご連絡は、中村あて
https://www.wantedly.com/projects/13056/share
https://www.facebook.com/kengyu.nakamura
https://twitter.com/kengyu_n
のいずれかよりお気軽にお願いいたします。

募集の背景

次の記事をご覧ください。
Webアプリケーション開発の世界でWordPressに未来はあるか?

職種

バックエンドエンジニアもしくはフロントエンドエンジニア

勤務地

東京本社(丸ノ内線大手町駅A1出口徒歩4分)

勤務開始

2014年12月1日~2015年4月1日までの間に勤務開始が可能なこと

勤務形態

正社員、契約社員、アルバイト

待遇

応相談。今のところ普通です。まだ大企業ではないのでその点はご容赦ください。

その他

諸条件応相談。遠方在住の方、状況考慮します。

必須スキル、条件

フロントエンドエンジニア

JavaScriptおよびWordPressに興味があり、自己学習を厭わないこと。

バックエンドエンジニア

サーバー、PHP、MySQL、WordPressに興味があり、自己学習を厭わないこと。

共通事項

現状のスキル水準としては、かばん持ちから即戦力まで幅広く募集しています。話をさせていただいた結果フルコミットいだけるのであれば現状の水準、年齢、経験などは問いません。

得られる知識、経験

担当範囲によりますが、WordPressの一般的な設計、実装に関する知識の他、

バックエンドエンジニアであれば、Linuxを中心とする複数台でのサーバー構成、OS、ミドルウェア、PHPレベルおよびWordPressレベルでのスケーラビリティ、パフォーマンス、セキュリティに関する知識や実務経験が得られます。

フロントエンドエンジニアであれば、JavaScript、CSS、HTML5をWordPressを用いた高度なWebシステムで活用する知識、フロントエンド高速化、構造化に関する知識と実務経験が得られます。

業務内容

バックエンドエンジニア

WordPressを用いた高度なWebシステムのスケーラビリティ、パフォーマンス、セキュリティに対するクライアントの課題を解決します。高度なWordPress案件の技術営業から設計、実際のサーバ構築、実装、運用、パフォーマンス改善までを担当します。

フロントエンドエンジニア

WordPressを用いた高度なWebシステムのスケーラビリティ、パフォーマンス、セキュリティに対するクライアントの課題をフロントエンドの技術を通じて解決します。技術営業から設計、実装、パフォーマンス改善、運用報告まで行います。実装については、JavaScript、CSS、HTML5を中心としたパフォーマンス改善、フロントエンドの構造化およびフロントエンド技術の実装を行います。

この仕事に没頭すると、どんな技術を取り扱うか?

ちょっと誇張していますが、こんな感じを想像ください。あくまで就業後にどの段階かで通る技術面のスナップショットの一例です。なので、現段階で何言ってるかわからないところがあってももちろん問題ありません。それと、この先は、各方面に発展していただくことになりますので、その点もご心配なくお願いいたします。

バックエンドエンジニア(技術面)

Linuxラブ(Windows可)。キャッシュ大好き。最適化命。「速くなければMySQLではない。」「Opcacheってすごくね?」「WordPress遅いって?おまえが遅いんだよ。」「ログが高速に流れる黒い画面見てると落ち着くわ」「誰が書いたコードかなんて関係ない。俺が3倍速くしてみせるわ。」「休みの日何してるかって?オライリー読んでるに決まってるだろうが。」

フロントエンドエンジニア(技術面)

JavaScriptラブ。オブジェクト指向大好き。Ajax命。「Yahoo!より速くしてみせる。」「フロント遅いって?おまえが遅いんだよ。」「Firebugのネットタブ見てると落ち着くわ。」「Backbone.jsってすごくね?」「いつかはjQuery書いてみせるわ」「休みの日何してるかって?オライリー読んでるに決まってるだろうが。」

Q&A

Q.「えーと、少しは興味があるんですけど、ちょっとした質問だけメッセージしてもいいですか?」
A.「もちろんです!」

Q.「えーと、近場にいるのですが、興味があるという名目で食事だけおごってもらうというのはOKですか?」
A.「正直者は嫌いではないのでOKです。」

Q.「直接メッセージするのは気が引けるのですが、御社の社員の方とか中村さんと親しそうな共通の知人にまずちょっと話聞いてみてもいいですか?
A.「ええ、ちょっと寂しいですが、かまいません。」

Q.「あのー。本書いたりするのって仕事ですか?」
A.「どっちの意味でしょうか?いま私が深夜にチクチク書いているオライリーさんの書籍とか、WordPressの教科書の改訂ですとか、来年刊行予定の書籍の執筆手伝ってくれるってことですか?そうでしたら、ぜひお願いします。そうでなければ、書いてるときに邪魔しないでくれればOKです。」

Q.「あのー。登壇したりするのも仕事ですか?」
A.「どっちの意味でしょうか?これも人によります。もちろん、ジャカルタのセミナーに登壇したいというのであれば止めません。」

Q.「一生技術だけやる感じでしょうか?」
A.「あのー。それもどっちの意味でしょうか?技術でトップ取りに行っていただいても、後進育てていただくのも、チームのマネジメントやっていただくのも、マーケティングや企画や営業に回っていただくのも、キャリアはいろいろありますので、応相談です。これ答えになっていますか?できればこの中から何人かは総合職として幹部になって活躍していただきたいというのが本音です。」

Q.「WordPressだけやる感じでしょうか?」
A.「はい。それはそうなんですが、これもどっちの意味でしょうか?私たちの強みはWordPressにフォーカスしていることです。ですので、横の幅は狭いです。その代わり、やろうと思えば、垂直にインフラからフロントまで取り組むことも可能です。そういう意味じゃなくって一生WordPressやるかってことですか?それは状況によります。しばらくはそうですね。ただ、仮にWordPress以外に取り組むことがあっても、原理原則で学んでいればいくらでも応用利きますよ。」

Q.「原理原則ということばが出てきましたが、これはオライリーとvim必須ということでしょか?」
A.「原理原則と直接関係ありませんが、その通りです。」

Q.「これってWordPress速くするっていうのが重要なミッションの一つですよね?具体的にどんなことしてるんですか?」
A.「たとえば、あるWebシステムでは、1日数百万PVあるのですが、このサーバー作ったりします。物理サーバー買ってきてメモリ積んで仮想化するとこから始めることもありますし、クラウド使うときもあります。これくらいのWebシステムだと、OSレベルで10台以上のサーバー使うこともあります。ルーター、ロードバランサからフロントのWebサーバー、管理画面用サーバー、CDN用サーバー、DBサーバーなどいろいろ組み合わせます。ネットワークも結構大事です。それから、サーバーごとにいろいろチューニングして、PHPとかDBとかももちろんチューニングします。WordPress特有の処理もかなり入れます。それから、ボトルネック発見して、ロジック直したり、SQL直したり、キャッシュ入れたりします。キャッシュはページキャッシュを複数使う場合もあります。ミドルウェアのページキャッシュと、アプリケーションとしてPHPで実装しているページキャッシュとか。こうすると、Yahoo!砲受けてる間にキャッシュ直したり、書き換えたりできるんですよ。ページキャッシュは最後の砦なので、私は、MariaDBとPHP使ったアプリケーションレベルのページキャッシュをウォールマリアって呼んでいます。あの、巨人が進入してきても次の砦で防ぐっていうあれです。その他トランジェントとかオブジェクトキャッシュとか、自作キャッシュとかいろいろ使います。最初のHTMLがページキャッシュ使って10msで、管理画面とかキャッシュ使わないページのHTMLが150ms以内に返るようになったら、フロントに取りかかります。JavaScriptいろいろ調整して、とりあえずonload300ms以内にして、場合によってはAjax使ったり、HTML自体直したり、まあ、いろいろやります。すみません、何言ってるかよくわからなかったですか?いずれ自分で説明できるようになります。」

Q.「即戦力じゃない場合って誰が指導するんですか?」
A.「どういう意味でしょうか?私じゃなくて大曲とか田島とか謝が良いということでしょうか?それはラッキーですね。私は大曲や田島や謝みたいにやさしくないので、私に当たった場合は、あきらめてください。ただ、乗り切れば一流になります。」

Q.「WordPressフルマネージドサービスというのは一般的なマネージドサーバホスティングと同じものですか?
A.「マネージドサーバホスティングも含みますが、ちょっと違います。簡単に違いを説明します。おおきく3つあります。第一にカスタマイズ(開発)されたWordPressのアプリケーションまでサポートします。一般的なマネージドサーバサービスではアプリケーション自体をサポートすることはありません。WebサーバやPHP、MySQLなどのミドルウェア自体もどこまでサポートするかはサービスによりますが、私たちはインストールや設定はもちろんのこと、アプリケーションを含めたシステム全体を最適化するためにアプリケーションはもちろんのことミドルウェアやサーバ構成自体もアプリケーションに合わせてチューニング、最適化します。第二に、どのホスティングサービスやクラウドを利用するかということを問いません。一般的なマネージドサーバサービスは提供しているホスティングサービスのマネージドサービスであることや、特定のホスティングサービスやクラウドのものである場合がほとんどです。私たちのサービスでは、WordPressサイトである限りどこのサーバであってもサポートします。第三に、WordPressサイトの1秒あたりの同時アクセス数や1アクセスあたりの動作・表示の速度を保証します。場合によっては、この点だけが契約の中心となる場合もあります。すみません。ぜんぜん簡単な説明になっていませんでした。」

Q.「10年後のビジョンを教えてください。」
A.「あのー。それもどういう意味ですか?10年後のことわかったら苦労ないです。この点は、お互い様ですよね。」

“WordPressエンジニアになりませんか?” への2件の返信

  1. WordPressに昔から興味があって、ずっと独学で勉強しているコテコテのデザイナーです。
    Webデザイン、コーディングは仕事でやっていますが(勤め人)どうしても動的に動くCMSがカッコイイ!(๑✧◡✧๑)と思ってずっと、はまっていました。
    何冊も本をこなす中で「んーここの本なかなかいいなー」と思っていたら、いつもプライム・ストラテジー社の本。

    いつも仕事が終わって喫茶店でパソコンを広げて独学で勉強し、効率の悪さでひーひー言っていたら社長のブログ発見。
    なんと求人募集中。それも念願のWordPress!

    さっそく応募させてもらいました。

    二次オファーでQAが来たので、返信をしたところ、思いがつまりすぎていたのか?文字オーバー。
    一部、文面を割愛して返送させてもらいました。

    まだまだ即戦力には乏しいですが、「綺麗なソース」「恥ずかしくないWordPressの活用」を極め、クライアントに自信を持って「これでどうですか!」と言えるようになるためなら業務後、無償で勉強会にも参加したいぐらいです。

    目指せ、ワードキャンプで難しい事聞いても「?」ではなく「(๑✧◡✧๑)」となれる知識のレベルアップ。目標SchooでのWordPress授業を狙っています。

    そんな私ですが、ご縁があったらよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です